オゾン水.comオゾン水とは > オゾン水 残留性

オゾン水 残留性

オゾン水の主原料は水と空気ですが、何の添加物も使用しておらず、オゾン自体が非常に不安定な物質であることから残留性がありません。

オゾン水 残留性<

以上のことから、オゾン水は生物物質を受けやすく、無害であり、肌に優しく、安全性は非常に高い、そして殺菌、脱臭、および漂白水となります。

したがって、赤ちゃんから高齢者まで、殺菌・消毒したい食品からおもちゃ、手洗いにいたるまで、何にでも安心して使用できる殺菌水なのです。

オゾン水は安全性も高いですから、老人ホーム、給食センター、病院、プール、銭湯、養殖場、あるいはスーパーの生鮮部門などで幅広く使用されています。

さらに、オゾン水で殺菌された食品は鮮度保持日数が延びるという二次的な作用があります。

生鮮食物は成熟と腐敗の進行によって鮮度が低下しますが、オゾンは生鮮食物から発生する成熟の原因であるエチレンガスを分解して、さらに腐敗菌を殺菌しますから鮮度を長く保てるわけです。

オゾン水を使用することによって排水溝のヌメリも除去されます。オゾン水は、医療福祉分野で次のように活用されています。

  • 病院スタッフ、外来者の手洗い除菌。
  • 器具の除菌。
  • 病室、介護室、そして浴槽の除菌(清掃時に使用)。
  • 介護作業後の手洗い除菌。
  • 温いオゾン水にタオルを付けての体拭き、また使用した布の除菌。

何よりも衛生が基本のこの業界において、除菌、あるいは脱臭に関して大きな役割を果たしています。

歯科クリニックや、医院でも利用されています。このオゾン水装置はフッ素樹脂溶解膜、クリーンで高濃度オゾナイザ、そしてノンパーティクルポンプを組み合わせることによって、次世代ウェットプロセス対応のクリーンオゾン水を連続供給できる装置です。

その特徴は、極めてクリーンな気泡のないオゾン水です。オゾンガス発生源には独自のクリーンオゾナイザ、溶解方法にはフッ素樹脂溶解膜による拡散溶解の採用によって、極めてクリーンで気泡のないオゾン水ができます。

オゾン水.com  ピックアップ!:薬剤処理利用

殺菌浄化消毒の市場は世界レベルの成長市場と言われていますが、その大半は薬剤処理で占められているそうです。