オゾン水.com殺菌効果 > 菌や害虫に対して

菌や害虫に対して

どうして、オゾン水で殺菌、洗浄、あるいは脱臭ができるのでしょうか。

菌や害虫に対して

オゾンによる殺菌、オゾン水による殺菌は溶菌と呼ばれ、オゾン自体が分解時に発生する酸素原子の強力な酸化力で細胞の細胞壁を破壊、または分解することにより起こります。

細胞壁を失った細菌は、細胞内の成分が外部に漏れ出る溶菌作用が生じて、瞬時に死滅します。

このように細胞そのものを確実に破壊してしまう仕組みとなっていますから、問題となっている耐性菌が生まれる心配がないのです。

カビ菌の殺菌についても同じ作用で大きな効果を発揮しています。私たちの身の回りにもオゾンは存在していますが、その濃度は0.005ppm程度です。

0.01~0.02ppmで多少の臭いがするのでしたら、その5000倍の濃度の50ppmのオゾンの臭いでしたら想像を絶することでしょう。

しかし、これほど高濃度のオゾンに曝露されるということは、人工的にオゾンを作り出して、充満した部屋にでも閉じ込められことがない限り、有り得ないことでしょう。

また、放射線とは違って、嗅覚がオゾンを認識できますから、知らないうちに50ppmのオゾンに晒されるようなことはないのです。

ゴキブリは、昼間は物陰に隠れていますが、夜間はエサ求めて活動が活発になります。その繁殖力が強力で数が減らず、隠れるのも上手でなかなか退治できないものです。ゴキブリは、情報交換に自ら発生するフェロモンを利用していることが判っています。

食事、あるいは繁殖にこのフェロモンが使用されたり、また粘着性の捕獲器に捕まっても捕まったゴキブリが情報を発してなかなか数多く捕まりません。

オゾン水を使用しますと、このゴキブリの出すフェロモンを分解して情報伝達をかく乱することが可能です。

次第に活動しににくくなって数が減ってきます。ただし、茶羽ゴキブリ、また小さいものは効果が若干劣るとされています。

しかしながら、1ヶ月程度使用しますと格段にその数は減少するということです。

オゾン水.com  ピックアップ!:菌や害虫に対して

どうして、オゾン水で殺菌、洗浄、あるいは脱臭ができるのでしょうか。