オゾン水の情報サイトです。オゾンバスターの口コミ・最安値情報|オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化作用があり、殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色・有機物の除去などに使用されています。
 

オゾン水処理

オゾンは細菌を選ばずに除去しますから、排水、特に浄水の場合においてはオゾンによる処理は他のいずれの処理方法よりも適していると言えるでしょう。

しかしながら、オゾン水処理も万能とはいきません。排水には大きな沈殿物が溜まっていることがあり、オゾン水処理をする前にこの沈殿物を除去する必要があります。

物理的な一時処理を経てから、化学的な二次処理をするということになります。

工業排水に関しては、他の排水にはない化学物質や細菌が混入していることがあります。

これに対しては、オゾン水処理ができないことも考えられ、それに見合った化学的な処理をする必要があります。糞尿処理では、オゾン処理を施しますと真水に戻すレベルにまで、技術は進展しています。

オゾン水は、シミ、あるいはアカギレなどの皮膚の荒れの緩和にも効果が期待できます。特に、アレルギー性皮膚炎で悩んでいる方も是非一度、試してみてはと思います。

モニター結果によりますと、効果の程度はまちまちですが、かなり高い確率で効果のほどが報告されているということです。

冷凍食品の解凍工程でオゾン水を使用しますと、薬剤洗浄のように何度も水にさらす回数が減らせますから、商品価値の維持、2次汚染の抑制に効果が期待できます。

付着している有機系のものが多過ぎますから、分解するものが多過ぎて0.5ppm程度では、太刀打ちできないでしょう。オゾン水をうがい用として用いた場合は、口腔内の除菌効果が期待できます。歯ブラシなどの除菌もできます。

ウィルスと細胞は作りが違いますから、細胞を傷つける心配はありません。多少でしたら飲用しても問題はありません(美味しいものではありません)が、万一に備えまして、10~20分置いてオゾンを抜いてからにしましょう。

また、洗顔としても使用できます。ニキビや吹き出物は、菌が原因となっている可能性がありますから、洗顔でお肌を清潔にすることができます。

薬品による処理は、特定の細菌を除去できることがメリットですが、他の細菌は除去できないというデメリットになります。

What’s New