オゾン水.comオゾン水処理 > オゾン水の影響

オゾン水の影響

臭気は、食品が元来が持っている臭い(酵素の自己分解臭)と、食品に付着した微生物が蛋白質を加水分解する過程で生成される腐敗臭物質が主な原因となっています。

オゾン水の影響

オゾン水は食品に付着している微生物の殺菌、除菌、そして生成された臭気物質の酸化分解をすることにより強力に脱臭します。

野菜洗浄機と組み合わせるのは最適なオゾン水です。

オゾンはマイナスの電気を帯びています。また、悪臭と感じられる臭いはほとんどがプラスの電気を帯びています。

オゾンはこのようなプラスの相手と結合(イオン結合)して、臭いの元をまったく別の物質へと瞬時に変えてしまう働きがあります。

実際の危険性はないといっても差し支えないと思いますが、人体への直接的な影響も考えてみましょう。オゾンは空気と一緒に肺に入ってきますから、呼吸器への障害が主なものになっています。

オゾンが通過する粘膜はすべて酸化されてボロボロになり、その機能が低下もしくは停止して麻痺や肺水腫の症状が発現するでしょう。

また、網膜の酸化により視力の低下も起こります。同じ酸素でも、酸素かオゾンかによってヒトに及ぼす影響は対極にあると言えるでしょう。

しかし、これはオゾンの危険性だけを取り上げたもので、適量なオゾンは、想像以上の有益な効果をもたらしてくれます。とりわけ医療分野におけるオゾン水の有効性が実証されています。

ここで見直す必要があるのは、薬品などの化学物質に依存しなくても自然界にはさまざまな有益な効果・効能を持った物質が存在していることです。

例えば、オゾンがあります。自然界に普通に存在していて、その特性の分解力などは、さまざまな分野でオゾン水とともに薬品に替わる自然物質として注目を集めています。

ただし、濃度が高いですと人体への悪影響を及ぼすこともありますから、取り扱いが難しいところもあります。悪臭成分を酸化分解して臭気成分と中和作用することにより、脱臭していきます。

オゾン水.com  ピックアップ!:臭いを脱臭

オゾン水は、水と酸素だけでできていますから薬品と違って残留性がありませんし、食材など口に入るものは当然として、その他の機器などあらゆる物に直接かけて使えます。