オゾン水.comオゾン水処理 > 安全性と無害

安全性と無害

オゾン水とそれ以外の殺菌法の違いは、どのようなものでしょうか。

安全性と無害

オゾン水は安全・無害です。オゾンは、一定の時間が経過しますと最終的には分解して酸素に戻りますから、中和、洗浄、あるいは清掃などの後処理の必要がありませんし、塩素系酸化剤のように残留して二次公害を引き起こす懸念はありません。

これは、あらゆる分子・原子のなかでオゾンだけが有する性質なのです。

残留塩素の危険性が問題になっている現在では、オゾン水は野菜など食品の洗浄や殺菌、水処理や悪臭処理、そして殺菌処理など、すでに幅広い分野で応用されています。

食品工場、病院、飲食店などの厨房、あるいは給食センターなど食品を取り扱っている現場で活用されています。

「セラゾン」というのは、有害細菌やウイルスを高濃度のオゾン水で死滅させる完全オゾン型濾過器のことです。

塩素殺菌などでは困難とされたレジオネラ菌やノロウイルスなどに対して有効な殺菌および消毒効果を発揮しています。

また、レジオネラ菌の餌となる人体油脂分を含む汚水を全量一括処理できます。水中の有機物を分解して殺菌、発生、増殖を根源から絶ちますから、レジオネラ菌などの増殖を防止がかのうとなっています。

浄化された水は飲料水に匹敵するクリーンさで、長期間水を入れ替えることなく衛生を維持できる資源有効活用補助対象器機なのです。

オゾン水に完全に溶け込んだオゾンの酸化分解力によって、オゾン水に触れただけで給食センターやホテルのレストラン、あるいは社員食堂などの厨房での野菜殺菌洗浄、調理機器の殺菌洗浄、床の殺菌洗浄、そして手指の殺菌洗浄などさまざまな分野の殺菌水として活用できるでしょう。

また、生ゴミや排水管内部から上がってくる悪臭も元から分解できます。オゾン水は0.5~1.0mg/Lといった低濃度でも、大腸菌や大腸菌群に速効性がありますし、全く残留しませんから耐性菌はできません。

食品工場の床や側溝が微生物の汚染源となっていることが明らかになってきたことから、オゾン水が多く使用されるようになりました。

オゾン水.com  ピックアップ!:手洗いのメリット

オゾン水を手洗に利用するメリットは、次のようなものがあります。