オゾン水.com感染予防 > デメリットについて

デメリットについて

オゾン水による脱臭法のメリットとデメリットを挙げてみました。

デメリットについて

塩素の洗剤のような化学反応による危険性はありません。使い過ぎても水に戻りますから、残留性がありません。

塩素でも分解できない雑菌を分解・殺菌できます。脱臭できないものもあります。

オゾンの脱臭効果に持続性がありません。他の脱臭法と比較してコストが高くなっています。

何事も一長一短ですが、オゾン水による脱臭法で他のどんな方法よりも優れていることは、毒素の残留性がゼロということです。

これこそが、環境問題に対する一つの答で、今後の技術開発に大いに期待されるところです。

清掃業にもオゾン水は、大活躍です。パッカー車の洗浄・脱臭、ゴミステーションの脱臭、トイレの洗浄、除菌、および脱臭、作業前、作業後の作業員の手洗いに使用されています。

作業員の手洗いによる衛生管理、また作業後の車輌清掃によってゴミの悪臭を除去するために有効となっています。また、ペットショップや動物病院でも利用されています。

ペット臭除去、床や器具の洗浄・除菌・脱臭、犬舎や犬体洗浄、脱臭、そしてスタッフの手洗いに使用されています。

構造的に非常に不安定で、強力な酸化作用を持ちながらすぐに分解していきます。この酸化作用が不純物や臭いの成分、あるいは細菌やバクテリアなのどに対して、強力な分解・消臭・殺菌・漂白力を発揮します。

オゾン水の使用法は、洗顔の場合には、洗面器などに水もしくは湯をはって、その中で5~10分間バブリングしたもので洗顔、手洗いなどするだけの簡単なものとなっています。

また、お風呂では連続バブリングで入りながら使用してください。肌がすぐにツルツルとしてくる温泉に入っているような効果が得られます。

オゾン風呂はその濃度はあまり高くありませんが、全国にいくつかのオゾン温泉があり、利用されています。家庭で居ながらにして温泉の気分が味わえ、しかもきれいな肌が得られます。

オゾン水.com  ピックアップ!:生成装置の選び方

オゾン水生成装置の選び方のポイントです。まず、目的が殺菌なのか、脱臭なのかをはっきりさせましょう。