オゾン水の情報サイトです。オゾンバスターの口コミ・最安値情報|オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化作用があり、殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色・有機物の除去などに使用されています。

オゾン水は手洗いや生活の様々な場所で使える

オゾン水を手洗に利用するメリットは、次のようなものがあります。 低濃度使用で大きな効果があります。 食中毒菌への効果大です。

オゾン水で手洗いをするメリット

  • 皮膚の保護(残留薬品を剥離除去、中性)があります
  • 食品添加物(食品安全性)に効果があります
  • 残留しません(人体、食品、環境安全性)
  • 手洗1次給水の殺菌(浄水槽・配管からの感染対策)します
  • 代替薬品となります(アルコール、塩素他、薬品使用量削減)
  • 脱臭作用があります(硫黄・窒素化合物、アルデヒド他)
  • 配水管浄化(細菌、カビ菌、ウィルス殺菌、脱臭)できます
  • 殺菌相乗効果があります(他の殺菌剤との併用可)
  • ヤケド・切傷・うがいに使用できます(イソジン他切替)
  • 漂白作用があります(タオル、部品類)

様々な場所で活躍するオゾン水

食事の前の手洗い、トイレの後の手洗い、あるいは外出から帰宅した際の手洗いにオゾン水を使用しますと、ほとんどの細菌類を殺菌してくれます。

子どもなどの病気予防に、また食中毒予防にオゾン水での手洗いをお勧めします。

また、赤ちゃんの哺乳瓶の洗浄は洗剤を使用しますとその残留性が気になるものです。オゾン水は殺菌した後、すぐに消えてしまいますからオゾン水に浸け殺菌した後、乾燥させるだけでそのまま使用できます。

まさに、哺乳瓶を洗浄するのに最適だと言えるでしょう。

病院でオゾン水が使用されるのは、次のような背景があります。 MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)は、近年よく耳にする言葉です。

これは、肺炎、化膿性炎、また食中毒などの原因となる菌です。

人や動物の皮膚、鼻粘膜、あるいは咽喉をはじめ、自然界にも広く分布している菌ですが、健康な状態でしたら何ら問題はありません。

調理器具や生ゴミ、排水溝、グリーストラップなどの臭いを除去します。

また、害虫発生を抑制します。 生鮮食品をオゾン水で洗浄することで、最近の繁殖を抑えて有害物質を除去します。 腐敗を促進するエチレンガスも分解して、食品の鮮度保持に有効です。

まとめ

現代人の暮らす生活環境はここ数十年で大きく変化し、人体に害を与える細菌やウイルスの類にも新種のものが増えています。

従来の除菌や感染した場合に用いる抗生物質なども効果がないような場合もあり、専門家の間で研究が急がれています。

オゾン水の強力な殺菌能力は細菌類に抗体を持たさず、また人体に弊害をもたらさない安全な消毒法として注目され、日常の手洗いや生活環境の除菌に適したものとして知られています。

オゾン生成器は『オゾンバスター』がおすすめ

数あるオゾン生成器の中から、性能やコスト、取り扱いのしやすさなどを考慮しておすすめできるのが『オゾンバスター』です。

オゾンバスターが優れているポイントは以下になります。

  • 本体を貯水の中に入れる取り扱いのしやすい方式を採用
  • 最高値5ppmという高濃度のオゾン水を作ることができる
  • 27,800円という低価格
  • 直径8cm、重さ130gという超小型サイズ
  • 2分という短時間で4ppmのオゾン水が生成できる
  • メンテナンスフリーでランニングコストがかからない

『オゾンバスター』が一台あれば、家庭の生活環境のあらゆるシーンで除菌・殺菌・防臭をすることが可能になります。

オゾンバスターの最安値は
オフィシャルサイトが一番!

こちらからオゾンバスターの
ホームページにアクセスできます。

オゾンバスターの公式ページへGo!