オゾン水の情報サイトです。オゾンバスターの口コミ・最安値情報|オゾンはフッ素に次ぐ強力な酸化作用があり、殺菌・ウイルスの不活化・脱臭・脱色・有機物の除去などに使用されています。

オゾン水の普及と広がり

オゾンによる水処理は、1906年のフランスのニース浄水場がその最初とされています。

それからは、オゾンによる公的水道水の浄水処理は、急速にヨーロッパ中に拡大し、現在フランスでは700ヶ所の浄水場でオゾン処理が行われているようです。

オゾン水の普及

アメリカでも1990年代に入ってからは急速に普及が広まりました。 このように、海外ではオゾンによる水処理は、既に100年の歴史があります。

オゾン水の殺菌力は、濃度で左右されます。 見た目は透明で水道水となんら変わりませんが、殺菌力に加えて消毒剤のような残留性や臭気がないオゾン水は、食材の洗浄や調理器具の洗浄に力を発揮しています。

動物のフェロモン臭を消してしまいますから、交信不能となってゴキブリなどの害虫が寄り付かなくなるというデータが出ているそうです。

オゾンは、高度に浄化された処理水を作るときや、空気を脱臭、殺菌、そして浄化する際に産業用に取り入れられている方法ですが、うれしいことに家庭でも利用できるようになりました。

殺菌用途からオゾン水は広がる

オゾン水に含まれたオゾンは、野菜や果物についた農薬などの化学物質、また肉や魚など付着したバクテリア、細菌、そして臭気を短時間で分解してしまいます。

また、オゾンは短時間で分解しますから、洗浄し終わった食品は安全です。

外出先から帰ってきて、手を洗って、うがいをしていますか。 手には目に見えない雑菌がうようよしています。

特に、梅雨の時季や冬の乾燥期には注意をしたいところです。 飲食店や食品を扱うお店あるいは工場では、手洗い消毒や調理器具、また施設の消毒は、ウィルスによる事故を発生させないためにも注意深く徹底されています。

薬用石鹸やアルコールなどを用いるところが多くなっていますが、オゾン水に切り替えてみましょう。きっと満足することでしょう。

オゾンには強力な除菌作用があって、気になる臭いを脱臭してくれます。手肌が荒れる心配もありません。 ウィルスや有機物に触れますと酸素に分解してしまいますから安全です。

オゾン生成器は『オゾンバスター』がおすすめ

数あるオゾン生成器の中から、性能やコスト、取り扱いのしやすさなどを考慮しておすすめできるのが『オゾンバスター』です。

オゾンバスターが優れているポイントは以下になります。

  • 本体を貯水の中に入れる取り扱いのしやすい方式を採用
  • 最高値5ppmという高濃度のオゾン水を作ることができる
  • 27,800円という低価格
  • 直径8cm、重さ130gという超小型サイズ
  • 2分という短時間で4ppmのオゾン水が生成できる
  • メンテナンスフリーでランニングコストがかからない

『オゾンバスター』が一台あれば、家庭の生活環境のあらゆるシーンで除菌・殺菌・防臭をすることが可能になります。

オゾンバスターの最安値は
オフィシャルサイトが一番!

こちらからオゾンバスターの
ホームページにアクセスできます。

オゾンバスターの公式ページへGo!